赤ちゃんとペット

私の家では娘が生まれる前から2匹の小型の室内犬を飼っています。


妊娠中に、出産後の犬と赤ちゃんの生活について考えていると、
いろいろな不安がありました。
私はリビングで飼っていたので(しかも仕切りなどはせず、犬は
リビング全体を動き回っていました)犬と赤ちゃんが同じ部屋で
過ごしてもいいのか?犬の毛は赤ちゃんに悪影響を及ばさないか?
などなど、色々気にしていました。
どんなに掃除しても、犬の毛を1本も落とさずに生活するなんて
不可能ですし、いくらきれいにしていても不安は残ります。


だからといって、今まで自分の子供のように育ててきたペットを
赤ちゃんができたからといって蚊帳の外に追い出すようなことは
できませんでしたし、言ってしまえば、人間の都合で可愛がってきた
ペットを粗末には扱えませんでした。


赤ちゃんも大事だし、ペットも大事。
どうしたらいいのかけっこう悩みましたよ。


そんな時、動物病院へ行く機会があり、獣医さんに尋ねてみました。
獣医さんによれば、「生まれてきた子が、あまりにも肌が弱かったり
敏感な子だと小児科の先生に相談したほうがいいけど、ほとんどの子は
大丈夫だよ。寝室だけは犬とは別にしたほうがいいけどね。
それでも不安なら、赤ちゃんがメインで居る部屋には犬を入れないように
すれば大丈夫!」とのことでした。


それを聞いて、私は少し安心しました。


結局、娘が生まれてから少しの間は、家事をする時など、リビングでは
娘をハイローベッドで寝かせ、犬が娘に届かないようにしました。
それ以外は犬を犬小屋に閉じ込めて、ほとんど寝室やリビング以外の部屋
で過ごしました。
いくらハイローベッドに寝かせて犬が触れないようにしていても、娘の
そばを走ったり、ブルブル(体を振る)したりすると
「あーーーーっ!毛が舞う!!」と思いましたし、何かと気になりました。


犬も小屋に閉じ込められ、退屈で淋しかったと思います。
可哀相でしたが、その時はそれしか方法が思いつかなかったのです。


そして、娘が生後半年ぐらいになった時、ペットショップで長い仕切りを
見つけ、(けっこう値段は高かったですが)ちょっと犬には可哀相な思い
をさせてしまうかな、とも思いましたが、犬小屋に閉じ込めっぱなしで
他の部屋に私たちがいるよりは、犬も淋しくないしマシだろうと思い
今まではリビング全体を動き回れましたが、リビングの3分の1ぐらいの
ところで仕切ってやりました。


それでもけっこう広さはあり、犬も窮屈ではないと思います。
幸いなことに2匹とも気が荒い性格でもなく大人しいほうなので、
最初は変な感じがしていたかもしれませんが、すんなりと慣れて
くれました。今では、多少は毛も気にはなりますが、以前よりは
数倍も楽です。


色々な事が楽です。それに同じ部屋で人間と犬が一緒に過ごせること
が嬉しいです。
娘も2匹のことが大好きで、家族と思っているようです!
情操教育にもいいと思います。もっと早くこうすればよかったです。


しかし、今でこそ「良い生活スタイルが見つかって良かった」とは
思いますが、いずれ赤ちゃんを産みたい・今妊娠中だけどペットがほしい
と思っている方は絶対止めておいた方がいいと思います。


もしもどうしても飼いたいなら、外で飼う方がいいでしょう。
室内はおすすめできません!
私は不妊症で子供が授からないかもしれない、という体質だったので
ペットを飼ってしまい、結局このような結果になったのですが・・・。


これから飼いたい!と考えている方は止めておいたほうがいいでしょう。


中途半端な気持ちで飼うとペットも可哀相ですし、いずれきっとペット
より赤ちゃんが大事になってきます。
そうすると、犬の毛も絶対気になってきますし、ペットを邪気にするのも
可哀相です。何より子育てと飼育、両立は大変です。


私も何度も「犬を飼ってなかったら、もっと子育てが楽だろうな」と
思います。例えば、娘が仕切りのそばを歩くたび足に毛がついていないか
それが娘の口に入らないか、娘の洗濯物や服に犬の毛がついていないか
娘が犬を触ろうとして手を舐められないか、触ったり舐められた手を自分
の口に入れないか・・・キリがありませんが、不安だらけです。


私の神経も逆立ちます!!


それにより犬を飼っていなければしない苦労も、たくさんするわけです。
叱らないですむことも、叱ってしまうわけです。
娘にも犬にも悪いなぁ・・・と思います。


私と夫が飼った事で、結果的に娘を叱ってしまったり、犬を叱ったり。
犬にも少なからず淋しい思いをさせています。
今まで自分たちが一番可愛がられていたのに、急に赤ちゃんがやってきて
自分たちはあまりかまってもらえず、あげくには仕切られてますからね。


確かにペットの愛くるしいつぶらな瞳や仕草に、子育てで疲れている時
など癒される時も多々あります。
しかしそれは一時のことです。ほとんどの時間は赤ちゃんとペットの間に
挟まれ、双方に気をかけ、大変ですよ。


赤ちゃんやペットに不快な思いをさせてしまう、ということもありますが
何より、ママが大変です。
赤ちゃんとペットが同じ部屋で過ごすことは問題ないようですが、
これから飼う人は絶対止めておいたほうがいいと私は思います。


せめて、赤ちゃんが「だめ!」がわかるようになってから飼う事をよく
検討して下さいね。


飼う以上はペットも命があるのですから、責任を持って大事に育てて
なくてはなりませんからね。

Top >  赤ちゃんとペット

準備のまめ知識

赤ちゃんが産まれてきてからの幸せな生活を送るための準備について。哺乳瓶の薬液消毒の必要性とやり方、布オムツと紙おむつのどちらが良い?乳幼児医療助成制度、赤ちゃん用品にかかる費用、妊娠線の予防、おっぱいのケア、ペットを飼っている場合、お産が近くなってきたときなど出産時の準備の基礎知識

関連エントリー

・ほ乳瓶の薬液消毒
・ほ乳瓶の消毒っていつまで?
・布オムツと紙オムツ
・乳幼児医療助成制度
・赤ちゃん用品にかかる金額
・妊娠線の予防
・おっぱいケア
・赤ちゃんとペット
・お産が近い!?

返済が楽に!主婦キャッシングお役立ち情報 【旦那に内緒でお金を借りる】借入審査についてまとめたサイトはこちらです。


赤ちゃんを迎える準備
お産直前の体験談
自宅で必要な準備
準備のまめ知識
みんなの育児
結婚について
リンク集
教育について
運営者情報