妊娠線の予防

妊娠線とは、お腹が大きくなるにつれてお腹の皮膚が伸展し、
皮下組織に亀裂が生じてできる線のことです。
お腹意外にも、乳房などにもできることがあります。


早い人では4ヶ月頃からできる人もいるそうです。
もちろん、皆がみなできるわけではありませんから私もラッキーな事に
できませんでした。


妊娠線ができるにせよ、できないにせよ、ケアすることをおすすめします。
妊娠線防止用のクリームが売っていますので、それをつけるといいと
思います。マタニティ雑誌などに広告でよく見かけますよ。


しかし残念ながら、クリームを毎日つけているから、といって必ず妊娠線
ができないというわけではありません。
ケアをしていてもできる人はできてしまいます。
しかも一度できてしまった妊娠線は、完全に消すことは困難なようです。


でも何もしないでいると、肌が乾燥しやすくなり妊娠線以外の
肌のトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。
クリームをつけることによって、肌の乾燥も防いでくれますので、
お腹が大きくなってきたらお風呂上りなど、クリームでケアして
おきましょう。また、すでにできてしまった妊娠線用のクリームも
販売されているようです。
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

Top >  妊娠線の予防

準備のまめ知識

赤ちゃんが産まれてきてからの幸せな生活を送るための準備について。哺乳瓶の薬液消毒の必要性とやり方、布オムツと紙おむつのどちらが良い?乳幼児医療助成制度、赤ちゃん用品にかかる費用、妊娠線の予防、おっぱいのケア、ペットを飼っている場合、お産が近くなってきたときなど出産時の準備の基礎知識

関連エントリー

・ほ乳瓶の薬液消毒
・ほ乳瓶の消毒っていつまで?
・布オムツと紙オムツ
・乳幼児医療助成制度
・赤ちゃん用品にかかる金額
・妊娠線の予防
・おっぱいケア
・赤ちゃんとペット
・お産が近い!?


赤ちゃんを迎える準備
お産直前の体験談
自宅で必要な準備
準備のまめ知識
みんなの育児
結婚について
リンク集
教育について
運営者情報