布オムツと紙オムツ

布オムツと紙おむつのどちらを使おうか迷う方もいらっしゃる
のではないでしょうか?


それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましょう。


布オムツのメリットは使い回しができるので、コストがかかりません。
通気性も良いのでおむつかぶれも少ないでしょう。
しかし、通気性の良い分オシッコやウンチが漏れたりします。
(まぁ、それで排泄したとすぐにわかるのかもしれませんが。)


なので、たくさん洗濯しなければなりません。
梅雨どきは洗濯物も乾きにくいので大変かもしれませんね。
漂白もしなければならないでしょうし・・・。
漏れ防止の為にも布オムツの時はオムツカバーをしておくといいでしょう。
それに布オムツの上に敷く使い捨てのシートも売っています。
それで少しは漏れを軽減できるのではないでしょうか。


紙オムツのメリットは使い捨てなので洗濯する必要がありません。
それに何と言っても、楽です。
ただしコストはかかってきますし、それにオムツかぶれもします。
漏れないからとほっておくのではなく、まめにオムツを替えてあげない
といけません。
それでも少なからずかぶれるのです。
オムツかぶれはほとんどの子がなるのではないでしょうか。


以上がそれぞれの特徴です。
私も最初は布オムツも使おうと思い、母が私を産んだ時に将来の事を
考えて私が出産した時の為に手作りの新品の布オムツをとっておいて
くれたのですが、全く一度も使いませんでした。
20数年前のオムツで黄ばんでいたので、漂白して準備万端にしておいた
にもかかわらず使いませんでした。


病院では紙オムツなので、もうそれに慣れてしまったのもありますが
産後疲れや授乳・お世話・睡眠不足などで疲れていました。
その上で、布オムツを使う余裕もなかったですし、正直布オムツは
面倒でした。


確かに紙オムツはコストがかかりますが、どうなんでしょうね?
布オムツを洗濯する水道代・洗剤代・漂白剤代などなど。
紙オムツより安いのでしょうか?そう考えると紙オムツでも、
という気はします。


子育ては大変です。ましてや初めての子になると、自分が未経験です
から手慣れないし、常にいろんな事に不安でいっぱいです。
新生児のうちはママが睡眠不足になりがちですから、お世話になるべく
手間をかけたくないですよね。


もし、布オムツが苦になるのなら紙オムツにするべきです。
布オムツに手間をかけてお世話が嫌になってしまったら、せっかく
生まれてきた赤ちゃんも可哀相ですしね。
ママも待ちに待ったのにつまらないじゃないですか!
やっと会えた赤ちゃんなのですから、子育ても楽しまないと!!

Top >  布オムツと紙オムツ

準備のまめ知識

赤ちゃんが産まれてきてからの幸せな生活を送るための準備について。哺乳瓶の薬液消毒の必要性とやり方、布オムツと紙おむつのどちらが良い?乳幼児医療助成制度、赤ちゃん用品にかかる費用、妊娠線の予防、おっぱいのケア、ペットを飼っている場合、お産が近くなってきたときなど出産時の準備の基礎知識

関連エントリー

・ほ乳瓶の薬液消毒
・ほ乳瓶の消毒っていつまで?
・布オムツと紙オムツ
・乳幼児医療助成制度
・赤ちゃん用品にかかる金額
・妊娠線の予防
・おっぱいケア
・赤ちゃんとペット
・お産が近い!?


赤ちゃんを迎える準備
お産直前の体験談
自宅で必要な準備
準備のまめ知識
みんなの育児
結婚について
リンク集
教育について
運営者情報