お風呂編

ここではお風呂で必要になる物をまとめています。


○ベビーバス
値段が高いものもありますが私は千円ぐらいで買いました。
千円なだけあって、一般の物より小さかったですね。
新生児のうち(せめて生後2ヶ月ぐらいまで)しか使えないような
サイズでしたが、作りはしっかりしていましたよ。


生後1ヶ月をすぎれば家庭のお風呂に入れてもいいといわれています
ので、「小さくてもこの時だけだからいいわ」と思いました。
もちろん、絶対必要なわけではないので、ある知人は市販の衣装ケース
で代用している、と聞きました。


○バケツ
ベビーバスにお湯を溜めるのに使いました。運んでいる間にお湯が
冷めてくるので、最後に熱めのお湯をくみ、温度を調節していました。


○湯温計
赤ちゃんにとってベストなお湯の温度は38℃〜40℃ぐらいなので
湯温計にはベストな温度が印されていて、一目でわかります。


○沐浴剤
赤ちゃんのお肌はデリケートですので毎回入れていました。
大人でも一番風呂はお湯がピリピリと肌にさしませんか?
沐浴剤自体に汚れを落とす成分が入っている物もありますので、
私はベビーバスの間はシャンプーやソープは使っていませんでした。


○ボディタオル
手袋の形になっているタイプの物が洗いやすく使いやすかったです。
(濡れると外しにくくなるのが欠点!)


○ガーゼハンカチ
動いたりしますし、赤ちゃんを腕で支えて洗うのはけっこう大変です。
顔や細かい部分など、ボディタオルでは洗いにくいところを
洗うのに使いました。


○バスタオル
お風呂からあげる時、体を拭くのに使います

Top >  お風呂編

自宅で必要な準備

赤ちゃんが生まれてから無事に退院後の自宅に必要なモノ、赤ちゃんとの生活必需品について。ベビー服の選び方、寝室の用意、お風呂の入れ方、ミルクのあげかた、お部屋の準備、赤ちゃんのケアグッズ、ベビーカーなどお出かけに必要なモノなど

関連エントリー

・退院後の生活の準備
・ベビー服編
・ベビー服の生地は?
・寝室編
・お風呂編
・ミルク編
・お部屋編
・ケア用品
・赤ちゃんとのお出かけ準備


赤ちゃんを迎える準備
お産直前の体験談
自宅で必要な準備
準備のまめ知識
みんなの育児
結婚について
リンク集
教育について
運営者情報