微弱陣痛

微弱陣痛とは、不規則な痛みが続きそのうち収まってしまうものです。
本来、陣痛により子宮口が徐々に開いて赤ちゃんが産道へとおりてくる
のですが、それにはそれなりの強さの陣痛が必要です。


しかし、その陣痛の痛みが弱すぎてお産に繋がらないのです。


人それぞれですが、この微弱陣痛から数日後にやっと出産、という方
もいらっしゃるようです。


あまりお産が長引くと、母体が疲れてしまったり赤ちゃんにも危険が
及んだりするので、陣痛促進剤など使われる場合があるようです。
陣痛促進剤を使う時は、分娩監視装置などを使い母子の安全を注意深く
診ながら処置します。
赤ちゃんの心音なども注意してチェックします。


ただ、この陣痛促進剤による被害はいろいろありますね。
ニュースでもよく見かけますが、赤ちゃんを死なせる結果になって
しまったり・・・。


もちろん、陣痛促進剤を使っても、無事に生まれることの方が多い
とは思いますが、私たちは素人なので、医療的な詳しい事はわかり
ませんよね。


医師を信じるしかありませんが、少しでも不安を感じたら、遠慮せず
にどんどん医師や看護師の方にきちんと説明を求め、納得するまで
聞くべきです。大事な赤ちゃんのことですからね。


微弱陣痛は痛みも弱い為、自分でもわかりにくいかもしれません。
痛いような痛くないような・・・という時や、陣痛か微弱陣痛か
わからない、という時など不安な時も遠慮せずに病院に聞いてみ
ましょう。ついつい遠慮がちになってしまいますが、何かあって
からでは遅いですからね。


心配や不安な時は聞くのが一番です!!

Top >  微弱陣痛

お産直前の体験談

子供を出産直前のときのワタシの体験談について話していきます。陣痛の痛みや破水など、夫が立会い出産をするメリット、そして赤ちゃん誕生の瞬間と赤ちゃんが産まれるまでかかったお産の時間について。このカテゴリの情報がこれからママさんになる方の参考となれば幸いです。

関連エントリー

・いよいよお産
・微弱陣痛
・陣痛の痛み
・立会い出産
・いきめばいよいよ赤ちゃん誕生
・お産にかかる時間


赤ちゃんを迎える準備
お産直前の体験談
自宅で必要な準備
準備のまめ知識
みんなの育児
結婚について
リンク集
教育について
運営者情報